まるで「きなこもち」のような美味しそうなレッドやクリームの ノルウェージャンフォレストキャットがいっぱい誕生♪ その「きなこ軍団」の日々の成長&生活を、楽しく可愛くご紹介させて頂きます(=^・^=)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Missきなこもち
2006年10月24日 (火) | 編集 |
ちまたでよく聞かれる噂のひとつに
『赤系のメスは希少である』という説があります。

答えは「NO!!」

カラー遺伝の法則がわかれば、その理由も簡単に理解することができます。

まず最初に簡単なカラー遺伝の法則です。

生まれてくる仔猫のカラーは両親のカラー遺伝子を受け継いできます。
オスの場合は、ママから1色
メスの場合は、パパとママから1色ずつをもらってきます。

このことを頭の中に覚えておけば
どういうケースから赤系のメスが生まれてくるのかお察しがつくのではないでしょうか。

赤系のパパ
赤系または三毛のママ
このカップルなら、赤系のメスを生み出すことができます。
(注☆ママが三毛の場合は、全員が赤系のメスになるわけではなく三毛ちゃんも生まれます)
最初の説明に当てはめて考えると
パパから受け継ぐカラーが赤系
ママから受け継ぐカラーも赤系の場合、赤系のメスが誕生となるのです。

では実際に誕生した赤系のメスを例にあげて考えてみましょう。

CIMG0350.jpg
この写真の子は「メルモちゃん」
レッドクラシックタビー&ホワイトのオンナの子です。

この子の両親は
050318a11.jpg
↑パパがレッドクラシックタビー&ホワイト
silver3.jpg
↑ママがシルバーパッチドクラシックタビー&ホワイト(シルバー系の三毛)です。

この子が受け継いだのは
パパからレッド(しかありませんからね☆)
ママからはシルバーの方ではなく、レッドのほうをチョイスしてきた結果
こういうカラーを持って生まれてきました。

051106melmo2.jpg


これでレッドのメスが生まれてくる仕組みがご理解いただけたでしょうか。

繁殖を実際に行っているキャッテリーでは
オスはブラック系・ブルー系を使うことが多いため
そういう理由から言えば、レッド系のメスが生まれにくいという説は、ある意味合っているのかもしれません。

しかしレッド系のオスと、レッド系または三毛のメスを同時に所有しているキャッテリーでは比較的簡単に生ませることができるのです。
ただ私個人の考え方としては、特定のカラーを狙って産ませるのではなく
タイプがあくまでも重要と考えていますので
タイプ優先の組み合わせをした結果、レッド系のメスも偶然生まれたというのが、誕生の真相です。

Nordlys&Myth-Vision

Feary Ring

Sakurasaku

現在、↑ここのキャッテリーでMissきなこもちが生まれています。
(Mr.きなこもちもいますよ~
両親のカラーを見たら、上の説明がご理解いただけるでしょう。

今日はMissきなこもち製造についてのレクチャーでした。
ご意見・ご感想・ご質問などがありましたら、コメント欄からどうぞ♪
担当はSAKURASAKUキャッテリーのまーがれっとでした


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/24(Tue) 18:04 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/25(Wed) 00:24 |   |  #[ 編集]
もしコメントがあったとしたら、私 これ読めないかもしれません。
やっぱりレッドの女の子が産まれるとしたら、ダイリュートの親同士では駄目なんでしょうか。

2006/10/25(Wed) 14:42 | URL  | いくりん #-[ 編集]
いくりんさんへ

>レッドの女の子が産まれるとしたら、ダイリュートの親同士では駄目なんでしょうか。

駄目ですよ
2006/10/25(Wed) 22:53 | URL  | fan子 #fPdPLH42[ 編集]
補足します
いくりんさんへ
fan子さんのおっしゃるように、ダイリュート同士からはレッドは生まれません。生まれるとしたらクリームになります。
しかし、よくある間違いとして
濃いクリームをレッド
薄いレッドをクリームだと誤って登録してしまう場合があります。
そんな時につじつまの合わないことが発生してしまいます。
実際の猫や血統書を見ないことには確実なことは申し上げられませんが、こういう事態が起こらないようにするのもブリーダーとしての重要な役割だと我々は考えています。
2006/10/26(Thu) 09:57 | URL  | まーがれっと #YLT9kE2o[ 編集]
ご丁寧な回答ありがとうございます。

当初レッドタビーの子はレッドタビー&ホワイトと記載されていたり、ブルーパッチドタビー&ホワイトの子はキャリコと記載されていたので、あまり信用していなかったんですよね。

でもこれですっきりしました。
ありがとうございます。
2006/10/26(Thu) 17:55 | URL  | いくりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。